これからの日本の農業はどうなっていくのか?

2014/08/19

日本の農業の今後は、都市型農業ばかりになっていくのかというと、そういうわけでもないでしょう。ベランダ菜園や器具を使った屋内生産だけでは、日本国内の食をまかなっていくことはできません。また、多くの人が、昔ながらの生活に興味を持ち始めている昨今では、都市型農業の発展の背景で様々な人が新たに地方で農業を始めたいと模索しています。日本の農業は衰退しかけているようにも見受けられますが、実際には都市型農業に興味を持った人が、広大な農地で大量の野菜などを生産したいと考えていくことで、古来からの農業に戻りつつあるという見方もできます。都市型農業は、農家の人というよりは、企業や一般の家庭の中で、自然のものを食したり、無農薬野菜を簡単に手に入れるために流行しつつあると言っても過言ではありません。そして、そのような糸口を見つけた人々は、農地を借りたり購入することで、その周囲も栽培に興味を持ち、さらに農業への関心が高まるでしょう。