廃校を利用した植物工業に事例

2014/08/19

廃校を利用した都市型農業がこれからの主流として広がっていきます。廃校の校舎を利用した植物工業を作る場合、かつては教室として使用された場所には野菜の畑にすることが出来ます。空気・温度・湿度・水・照明などはシステムにより制御されており、通常の運営や管理に必要な人は少なく済みます。都市型農業は外で生産しないため、虫や土の状態・天候の変化などに気を付けることもあり余せん。今まで野菜作りに携わった事が無い人でも簡単においしい野菜を育てること出来ます。スペースごとに種まきの時期をずらすと一年中栽培することが出来、常に同じ値段で販売することが出来るという点は消費者に喜ばれるところです。都市型農業は既存の建屋を利用して植物工業するため、建設費用を軽減出来るところと、その大きいスペースを利用するため、高い生産量を実現することが出来ます。今までは海外で自社の畑を設けて野菜を生産して、輸送してとお金がかかることをしてきました。国内に安全な畑を持つことで郵送費や人件費を減らすことが出来ました。都市型農業は着々と増えて行っています。