都市型農業の事

廃校を利用した植物工業に事例

22014/08/19

廃校を利用した都市型農業がこれからの主流として広がっていきます。廃校の校舎を利用した植物工業を作る場合、かつては教室として使用された場所には野菜の畑にすることが出来ます。空気・温度・湿度・水・照明などはシステムにより制御されており、通常の運営や管理に必要な人は少なく済みます。都市型農業は外で生産しないため、虫や土の状態・天候の変化などに気を付けることもあり余せん。今まで野菜作りに携わった事が無い人でも簡単においしい野菜を育てること出来ます。スペースごとに種まきの時期をずらすと一年中栽培することが出来、常に同じ値段で販売することが出来るという点は消費者に喜ばれるところです。都市型農業は既存の建屋を利用して植物工業するため、建設費用を軽減出来るところと、その大きいスペースを利用するため、高い生産量を実現することが出来ます。今までは海外で自社の畑を設けて野菜を生産して、輸送してとお金がかかることをしてきました。国内に安全な畑を持つことで郵送費や人件費を減らすことが出来ました。都市型農業は着々と増えて行っています。

ベランダ菜園がはやっている

22014/08/19

都市型農業というと硬い感じがしますが、いわゆるベランダ菜園であり、今とてもはやっています。無農薬の野菜が手に入りにくい昨今では、自ら野菜を栽培して食す人も増えつつあります。畑を借りたり、自宅の庭などにて菜園をする人もいますが、アパートやマンションなどの集合住宅でもできるような、プランタを使用したベランダ菜園はとても手軽です。もちろん一戸建てなどにおいても、自室から眺められるように、ベランダを活用した都市型農業を楽しむこともできます。また、自宅だけではなく、ビルなどの社屋を利用して、組織ぐるみで野菜を育てることも楽しめます。また、都市型農業のひとつとして、屋上を利用する人も少なくはありません。屋上は日当たりがよく、野菜の栽培に向いています。ベランダと同じような条件で育てられるのです。さらには、都市型農業の一番簡単なものでは、キッチンでの栽培もあります。かいわれなどの水耕栽培をする人も多いです。

これからの日本の農業はどうなっていくのか?

22014/08/19

日本の農業の今後は、都市型農業ばかりになっていくのかというと、そういうわけでもないでしょう。ベランダ菜園や器具を使った屋内生産だけでは、日本国内の食をまかなっていくことはできません。また、多くの人が、昔ながらの生活に興味を持ち始めている昨今では、都市型農業の発展の背景で様々な人が新たに地方で農業を始めたいと模索しています。日本の農業は衰退しかけているようにも見受けられますが、実際には都市型農業に興味を持った人が、広大な農地で大量の野菜などを生産したいと考えていくことで、古来からの農業に戻りつつあるという見方もできます。都市型農業は、農家の人というよりは、企業や一般の家庭の中で、自然のものを食したり、無農薬野菜を簡単に手に入れるために流行しつつあると言っても過言ではありません。そして、そのような糸口を見つけた人々は、農地を借りたり購入することで、その周囲も栽培に興味を持ち、さらに農業への関心が高まるでしょう。