オランダの都市型農業について

都市型農業というというのは、文字通り都市近郊で行なわれる農業の事を指し、これからの時代に必要とされる農業スタイルと言えるでしょう。日本では、高齢化と共に若者の農業離れが深刻な問題となっており、将来的な国単位での課題となっています。そのような状況の中で、都市型農業は日本の農業復活に向けた活路の一つであると注目を集めています。

具体的には、都市近郊で太陽光を利用した植物工場などで農作物を栽培し、最先端の技術を利用する事で年間を通して気候の悪条件などにも左右されず、安定した作物の供給を目指すものです。

また、都市近郊での業務が可能となるため、若者の働き手も増え雇用が安定するという利点が有ります。もちろん、定年退職をした人材を雇う事も出来るので、農業人口の低下を防止する事が出来ると言われています。

実際に、最近では農業に対する考え方が見直されており、若者中心で営まれている農家がメディアに取材されたり雑誌に取り上げられたりと注目も集めています。農業の3Kと言われるキツイ、汚い、臭いという悪いイメージを払拭する為に一役買っています。

海外で都市型農業に力を入れている国といえば、まずオランダが挙げられます。

すでに、エコ大国として注目をされているオランダでは、世界をリードする形で都市型農業に国をあげて注力しており、

狭い土地でありながら、高い技術力でスマートシティ化を進めています。

とはいえ、日本の技術力がかなり遅れをとってしまっているという訳では無いので、オランダのような都市型農業先進国を目指して、国を挙げて農業改革を進めていくことが重要です。

その為には、センサー技術や環境制御システムなどのITを活用した農業を今よりもさらに推進していく事が求められます。現時点では、まだまだ限定的なものとなってしまっており、加えて資本面や現地での流通、販売ルートの確保など色々な課題が残されているので、国家単位で対策を実施していく必要があります。