都市型農業のメリット・デメリット

都市型農業とは別名近郊農業ともいい、大都市の周辺で行われる農業のことです。

日本では主にビニールハウスを利用した施設園芸が発達していて、首都圏平野部では稲作をはじめとした酪農や畜産が主に行われており、地域の特産物なども多く生産されています。

戦前までは日本でも盛んに行われていましたが、戦後の地価高騰や交通網や輸送方法の発達によって輸送園芸が発展したことで都市型農業の優位性は脅かされているのが現状です。

しかし日本の食料自給率の低さは各先進国の中でも突出して低く、危機的状況にあることも事実であるため、都市型農業を復興させていく取り組みが各地や政府で行われており、若者の農業参入率も少しずつ高くなっているといえます。

都市型農業のメリットとしては、安全かつ無農薬で高品質な食材を身近なところで生産でき、生産者と業者と消費者が互いにとても近い位置にいることがあげられます。さらには日本ならではの特産品生産に尽力できること、さらには都心部の休耕地を開拓することで農地拡大ができるといった点もあげられます。また都市型農業ならではの特徴として近隣施設や地域などと連携して緑化やいやしの空間の提供、そして生産品を直売できる市場やマーケットなどの開催を行うことでグルメや流通の面でも様々なお店や地域住民と接点がもちやすく、生産品を紹介しやすいといった点もメリットということができます。これらのイベントや立地をきっかけに、農業に関心をもつ人を増やしていくといった効果も見込めます。

その反面、都市型農業のデメリットとしては地価の高さなどにより農業経営の規模拡大やある一点に農地を集約して効率的に大量の作物を生産することが難しく、単一品目を生産することによる利益が得られにくいという点や、近郊農業ならではの作業機やシステムを使用することでの初期費用の膨大化や防虫剤をはじめとする農薬の過剰使用の不安もあげられます。

都市型農業を行う際は、出荷時には都市部の農家同士で連携することや栽培する品目を分担し直売所として魅力的となりうる品目数を確保して安定した利益を得るために対策をとることが必要とされているといえます。